2024年01月04日

オンライン講習その後

本日1月4日、免許更新に行ってまいりました。

年末にいろいろ手こずりながらも(運転免許のオンライン講習)オンライン講習を受け済みです。

正確に測ってはいないですけど、すごく早かったです。30分は掛かってません。思ったより更新センターが全然空いていて順番待ちもせいぜい前に一人、二人というレベルだったこともありますが、それにしても、最後に写真を撮影してから5分も掛からずに出来てきました。ちょっとびっくり。

持っていくものも通常と変わりなく、ハガキと免許と更新料金だけで、オンライン講習を受けてきた旨伝えると確認作業がちょっとあって(顔の確認)、あとは証紙買って貼って名前とアンケートの記入して、視力検査して、写真撮って、受け取ってです。あっという間でした。

最初は、結局は出来上がるまでの待ち時間があるだろうし、優良なら講習30分だからそれくらい掛かるんじゃないの? それってイミあるかな? くらいに思っていたんですが、断然早いです。超オススメです。私と同じように考える人多いんじゃないかと思うんですが、ちょっとでも時間短縮したいという方は、ぜひオンライン講習受けていってください。間違いなく所要時間はオンライン講習受けていった方が断然短いです。

ブログランキング参加中お気に召していただけたらポチッとお願いします!
posted by saoKKK at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2023年12月26日

運転免許のオンライン講習

免許更新のハガキが来まして…今年も正月に行ってくるぞw 昔は清田から手稲まで行ってたんですが、厚別でできるようになってよかった。オンライン講習というものができるようになったらしいので、正直さして意味はないですが(結局は更新手続きに出かけなければならないし、掛かる時間はたぶん変わらないと思われる)、これから改善されていくことを期待してやってみした。

自分、iPhone SE第2世代で、OSも最新ですし、説明書をあらかじめ読んでCookieの設定ON、プライベートブラウズではない、モバイル用webサイトになっていることは確認済み。が、マイナカード認証が何回やってもエラーになり進めません。webで検索してみると同じような目に遭ってる人もいるようですが、イマイチ解決策がわかりません。このせいで時間も30分くらいはロスしたので、ここまできて諦めたくなくていろいろ試してみました。web広告のブロックやらトラッキングやらいろいろ無駄にいじりました。どうしてくれる💢

結論として何故かは不明ですが、ハガキのQRコードから飛ぶとうまくいかないということがわかりました。webで「優良講習」とかで検索して、警視庁のオンライン講習モデル事業のトップページから同じことをやったらあっさりできました。何なんですかね。

始まってからは特にトラブルなく、案内通りに進めていけば無事に終わりました。アンケートで改善要求しておきましたが、同じ目にあったら、QR無視で警視庁のホムペから飛ぶを試してみてください。

ブログランキング参加中お気に召していただけたらポチッとお願いします!
posted by saoKKK at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2023年12月23日

Pagesで年賀状の宛名印刷

これまで宛名印刷は旦那さまのWindows PCでやっていたのですが、よりによってこんな時期にPCがお亡くなりになられまして、急遽私のMacで作業することといたしました。

有料ソフトとか入れる気ゼロなのでNumbersとPagesを使ってどうにかしますw
まあまあ簡単でした。大変だとすれば、文字の位置合わせとか住所録作りくらいかと思います。私の場合、住所録はデータとしてはあったので、それをNumbersで読み込んで整形するだけでよかったので、Pagesでお年玉付き年賀状に合わせてテキストを配置するのに多少の時間がかかった程度です。それにしたって、数十分の作業です。あっという間にできました。

手順ですが、まずはNumbersで住所録を作ります。
1行目をタイトル行にします。これは後からPagesで差し込みフィールドとしてわかりやすく表示されるようにするためです。項目は。"姓"、"名"。"家族1"、"郵便番号"、"住所1"、"住所2"としました。

要はこういう表を作ればいいわけです↓
1223_1.jpg

Pagesはwindowsのアクセスみたいに単独で高度な制御はできません(AppleScriptとか絡めばおそらくできるとは思います。スクリプト組むのに時間が掛かるのでやりませんでしたが)から、Numbersのデータの段階である程度テキストの整形をしておく必要があります。例えば、名のフィールドにあらかじめ、「様」を付けておくとか、名前の字取りをあらかじめスペースを入れて調整しておくなどの作業が必要になります。
今回は、「姓」と「名」のデータをそれぞれ三字取にし、「名」のデータに、半角スペース+「様」を追加で入力し、住所の1行に入る字数を考慮して2つに分けるという作業をしました。

次にPagesでの作業です。適当に自分の使うハガキの見本画像をネットでダウンロードしてきてそれを下絵にしてテキストを配置しました。テキストボックス同士の重なりが見辛くて申し訳ないです。左下のダミー住所と名前はデータの差し込みはしないので自分の住所氏名を直接入力してしまいます。
1223_2.png

右側の住所氏名部分にデータ差し込みの設定をしていきます。
右上の「書類」ボタン→右下の「差し込み印刷」ボタンと進みます。
1223_3.jpg

右下「差し込みフィールドを追加」→「スプレッドシートから追加...」と進みます。
1223_5.png

ファイル選択画面になるので、Numbersで作った住所録を選択します。選択後は、「先ほどのスプレッドシートから追加...」メニューの下に住所録のタイトル行がリスト表示されるようになります。あとは、データ差し込みしたいテキストを選択して「差し込みフィールドを追加」ボタンをクリックし、対応するフィールドを選択する、をそれぞれ繰り返すだけです。

すべてのテキストに対応フィールドを連携させたら、ファイルメニューから「差し込み印刷...」を選択→「スプレッドシート」を選択→ファイル選択で作成した住所録を選択して開く→「差し込む」をクリックで、全データが差し込まれた状態で宛名書類が作成されます。各ページを確認して問題なければ印刷するだけです。

出来上がった宛名の書類はそれぞれのページを別々に加工することもできますので、もし名前の字数の多い方がいらっしゃるなど、イレギュラーがある時にそこだけ字を小さくすることなどもできます。臨機応変にできていいんじゃないかなと思います。

今回お年玉付き年賀状用に作ったPagesのデータをアップしておきます。使えるようならご自由にお使いください→skyDrive

フォントは武蔵システムさんの無料フォント衡山毛筆フォントを使わせていただいております。フォントが違っても多少の位置調整や字間調整をすれば使えると思います。

ブログランキング参加中お気に召していただけたらポチッとお願いします!
posted by saoKKK at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日曜プログラム日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2023年12月16日

プライバシーポリシーを追加しました

現在メインで日記として使用しているのはのらぶろなんですが、Google Adsenseから、GDPRに対応しなさいとのメッセージが届いたのでプライバシーポリシーを追加することにしました。個人の日記ブログだし、収益出しているわけでもないけどSeesaaやGoogleの解析ツールとかは動いているわけだし必要かな、と。

まず設置場所についてですが、フッターが一般的かしらと思って追加してみようとしたんだけど、どうにも収まりがよろしくなかったのでサイドバーの一番下にリンクを配置することにしました。プライバシーポリシー自体は一記事として投稿します。

どんな情報が必要なのかわからないので、いろいろと弁護士法人サイトを右往左往して調べてきました。記載内容自体は自由で、法律で細かく定められているというわけではないです。そこで、ブログ用にテンプレートを提供してくれているサイトがあるので、それを自分用に変更して使わせてもらうことにしました。参考にさせていただいたのはブログフェニックスさんです。

収益化してるわけではないんですけど、記事内に購入先のリンクを載せたりとかは普通にしているので一応楽天やAmazonやAppleのアフィリエイトも使用している旨記載して、個人の使用感に対して苦情が来ても困るので免責の文面も載せてみました。個人ブログなのでこの程度でいいかな、と。

さて、ここからGDPRに移ろうと思いますが、現状safariからではできないようです。仕方ないので一旦Chromeをインストールしました。

@Google Adsenseのホームから、「プライバシーとメッセージ」→欧州の規制の「作成」と進みます。
121601.jpg

A「使ってみる」をクリック
121602.jpg

B「欧州の規制に関するメッセージを作成する」をクリック
121603.png

C以下のような作成画面になりますので、まずはメッセージを作っちゃいます。
121605.png
設定とスタイルの切り替えボタンをクリックして設定を右に表示させます(デフォルトで設定が表示されている)、自分のサイトに合わせて必要な設定をします。私はAdsenseの継続使用のために作成するだけで、実際には欧州からのアクセスなんかないと思いますので、適当に言語を日本語にして、画像のような設定にしましたが、実際に欧州からもアクセスされる可能性があるならヘルプを見ながら真面目に設定した方がいいです。スタイルは、フォントや色などを調整できますので、こちらも必要に応じて設定。メッセージの設定が終わったら、次にサイトの設定をします。右上の「サイトの選択」をクリックして、選択画面を出します。

Dサイトの選択
121606.png
サイトの選択では登録済みのサイトがリスト表示されていますので、メッセージを追加したいサイトをすべて選択します。それぞれに作成したプライバシーポリシーのリンクを「URLを追加」をクリックして登録し、「サイト名を追加」から、メッセージに表示されるサイト名(プレビュー上で「%%SITE_NAME%%」で表示される部分)を登録、メッセージにロゴを表示する場合は「ロゴを追加」から登録します。
すべての登録が済んだら、左下の「確認」ボタンをクリックして戻り、右上の追加ボタンをクリックして作成完了です。

登録後は、プライバシーとメッセージの「欧州の規制」の表示が下の画像のように変わります。
121607.png
「管理」ボタンをクリックすると、下のページの飛びます。

121608.png
「メッセージを作成」からは新規のメッセージ作成ができ、下のリストの既存のメッセージ名をクリックすると作成済みのメッセージの編集ができるようになっています。

これらのGoogle Adsense上での設定作業はすべてsafariではできませんでした。そのうち改善されるのかわかりませんが、今の所他のブラウザで作成する他なさそうです。Chromeやfirefoxでは問題なくできるようです。しばらくはこれだけのために使わないブラウザをインストールしたままにしなければならないようです。いやだなぁ…(~_~;)

ブログランキング参加中お気に召していただけたらポチッとお願いします!
タグ:Google AdSense
posted by saoKKK at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Seesaa Blog / Google Adsense | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする